緑茶の通販なら【はこや加藤園】 | ロゴ
04-2936-0311
04-2936-0311

彩の国優良ブランド品

Sai no kuni excellent brand goods

彩の国優良ブランド品

彩の国優良ブランド品&埼玉県認証特別栽培農産物

By Hakoya katoen

 
埼玉県と(一社)埼玉県物産観光協会で、優良な県産品を推奨することにより、県産品の普及と品質の向上を促進し、県内産業の振興を図るため、毎年度「彩の国優良ブランド品」の認定を実施しております。
はこや加藤園もその優秀商品として認定頂いております。

さらにおいしいお茶を!

狭山茶


狭山茶(さやまちゃ)は、埼玉県西部及び東京都西多摩地域を中心に生産されているお茶です。埼玉県における農産物生産面積では県下一です。歴史は古く鎌倉時代にまで遡ることが出来、静岡茶、宇治茶と並んで『日本三大茶』と呼ばれています。よく知られる俚諺では『色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす』と謳われています。
 

リーフティー

Leaf tea

くき茶


 

茎茶(くきちゃ、英語:Kukicha もしくは twig tea)は、日本の緑茶の一種。棒茶(ぼうちゃ)とも呼ばれています。

 

チャノキ (Camellia sinensis) から採れる茶の若枝、茶葉の柄、新芽の茎を混ぜて作られます。芽茶、粉茶とともに出物と呼ばれ、荒茶から煎茶を製造する過程で取り除かれた部分から作るものです。

 

需要と供給の極端なアンバランスのため価格が安く、そのため「二級品」とされがちですが、甘味・旨味・香り成分は葉よりもむしろ茎の方が豊富であり、茶の抽出源として優れた面も多い部位です。

 

玉露や高級な煎茶の茶葉から作られた茎茶のことを特に雁ヶ音(かりがね)、白折(しらおれ)と呼び、玉露の旨味と茎茶独特の風味から珍重されています。 

淹れ方や抽出時間は煎茶や玉露など、元になった茶葉と同様です。水色(すいしょく)は薄いが、さわやかな味と香りがあり、またアミノ酸が多く含まれる部位であるため旨味が強いのも特徴です。
 
 

ティーバッグ

Tea bag

ティーバッグ

埼玉県認証特別栽培農産物

By Hakoya katoen

 
農林水産省の「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に基づき、栽培期間中、節減対象農薬及び化学肥料(窒素成分)の双方を慣行の5割以下に減らして栽培された農産物です。

簡単においしいお茶を!

ほうじ茶


 

ほうじ茶(ほうじちゃ、あるいは 焙じ茶とも)とは、日本の緑茶の一種であり、茶葉を焙(ほう)じて飲用に供するもの一般を指します。一般に、煎茶や番茶、茎茶を炒った(焙<ほう>じた)もの、すなわち焙煎(ばいせん)したものです。ほうじ茶は独特の香ばしさがあり、苦みや渋みはほとんどなく、口当たりはあっさりしています。刺激が少なく胃にやさしいため、食事中のお茶に向きます。ほうじ茶飲用の風習は、地方によってかなり相違があります。

 

上質な葉を選りすぐった高価なものもありますが、格は玉露や煎茶より下位、一般に番茶や玄米茶などと同位に位置づけられ、日本茶として高級な部類のものではないとされています。しかし、ほうじ茶飲用の習慣が深く根付いている京都では、上質なほうじ茶が料亭の改まった席で供されることも珍しいことではなくなっています。

 

玉露


玉露(ぎょくろ)とは、日本茶の一種。製造法上の分類としては煎茶の一種ですが、栽培方法に特徴があります。茶でテアニンは根で生成され、幹を経由して葉に蓄えられます。テアニンに日光があたるとカテキンに変化します。すなわち、玉露の原料となる茶葉は、収穫の前(最低二週間程度)日光を遮る被覆を施されます。これにより、煎茶の旨味の原因とされるテアニンなどのアミノ酸が増加し、逆に渋みの原因とされるカテキン類(いわゆるタンニン)が減少します。また、被覆により特徴的な香り(覆い香)が生じます。このような栽培方法は碾茶と同様ですが、すでに安土桃山時代に行われていたとの記録があります。
 
 

玄米茶


玄米茶(げんまいちゃ)は、番茶(稀に煎茶)を強火で加熱したものと、蒸してから炒って狐色になった玄米や爆ぜてポップコーン状になった玄米とを、ほぼ同量ずつ混ぜたものです。食塩や抹茶を少量加えた物もあります。焙じた玄米だけの商品もあります。緑茶、日本茶の一種です。
 
 

紅茶


紅茶(こうちゃ、black tea)とは、摘み取った茶の葉と芽を萎凋(乾燥)させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉。もしくはそれをポットに入れ、沸騰した湯をその上に注いで抽出した飲料のことです。なお、ここでいう発酵とは微生物による発酵ではなく、茶の葉に最初から含まれている酸化酵素による酸化発酵です。

緑茶


緑茶(りょくちゃ、英語: green tea拼音: lǜchá)は、チャノキの葉から作った茶のうち、摘み取った茶葉を加熱処理して発酵を妨げたもの。もしくはそれに湯を注ぎ、成分を抽出した飲料のことです。
日本においては日本茶と同意に使われることが多いです。日本茶(煎茶、ほうじ茶、抹茶など)はその多くが緑茶であり、日本でもっとも良く飲まれている茶です。中国茶もジャスミン茶として飲まれるものを含め緑茶に分類される物が主流で、中国や台湾で最も飲まれているのも緑茶です。烏龍茶やプーアル茶などは比較的特殊な部類に入り、産地を離れると余り飲まれず、日本人にとっての玉露や抹茶のような扱いになります。
日本では寿司や菓子とともに、あるいは食後に熱い茶を飲むのが一般的でした。近年、ペットボトル入りの緑茶の普及と健康志向の高まりで、水やジュースなどと同じ感覚で屋外や運動中に冷えた茶を飲む例が増えています。飲料メーカーは「ノンカロリー」「カテキン効果」などを宣伝文句に販売し、欧米やアジア諸国でも緑茶ブームが起きています。


粉末茶Stick

埼玉県認証特別栽培農産物

By Hakoya katoen

 
農林水産省の「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に基づき、栽培期間中、節減対象農薬及び化学肥料(窒素成分)の双方を慣行の5割以下に減らして栽培された農産物です。

簡単においしいお茶を!

紅茶


紅茶(こうちゃ、black tea)とは、摘み取った茶の葉と芽を萎凋(乾燥)させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉。もしくはそれをポットに入れ、沸騰した湯をその上に注いで抽出した飲料のことです。なお、ここでいう発酵とは微生物による発酵ではなく、茶の葉に最初から含まれている酸化酵素による酸化発酵です。

抹茶


抹茶(まっちゃ)は、緑茶の一種である。碾茶を粉末にしたもの、またそれに湯を加え撹拌した飲料である。茶道で飲用として用いられるほか、和菓子、洋菓子、料理の素材として広く用いられる。
 
 

ほうじ茶


 

ほうじ茶(ほうじちゃ、あるいは 焙じ茶とも)とは、日本の緑茶の一種であり、茶葉を焙(ほう)じて飲用に供するもの一般を指します。一般に、煎茶や番茶、茎茶を炒った(焙<ほう>じた)もの、すなわち焙煎(ばいせん)したものです。ほうじ茶は独特の香ばしさがあり、苦みや渋みはほとんどなく、口当たりはあっさりしています。刺激が少なく胃にやさしいため、食事中のお茶に向きます。ほうじ茶飲用の風習は、地方によってかなり相違があります。

 
 
 

上質な葉を選りすぐった高価なものもありますが、格は玉露や煎茶より下位、一般に番茶や玄米茶などと同位に位置づけられ、日本茶として高級な部類のものではないとされています。しかし、ほうじ茶飲用の習慣が深く根付いている京都では、上質なほうじ茶が料亭の改まった席で供されることも珍しいことではなくなっています。

 

緑茶


緑茶(りょくちゃ、英語: green tea拼音: lǜchá)は、チャノキの葉から作った茶のうち、摘み取った茶葉を加熱処理して発酵を妨げたもの。もしくはそれに湯を注ぎ、成分を抽出した飲料のことです。
日本においては日本茶と同意に使われることが多いです。日本茶(煎茶、ほうじ茶、抹茶など)はその多くが緑茶であり、日本でもっとも良く飲まれている茶です。中国茶もジャスミン茶として飲まれるものを含め緑茶に分類される物が主流で、中国や台湾で最も飲まれているのも緑茶です。烏龍茶やプーアル茶などは比較的特殊な部類に入り、産地を離れると余り飲まれず、日本人にとっての玉露や抹茶のような扱いになります。
日本では寿司や菓子とともに、あるいは食後に熱い茶を飲むのが一般的でした。近年、ペットボトル入りの緑茶の普及と健康志向の高まりで、水やジュースなどと同じ感覚で屋外や運動中に冷えた茶を飲む例が増えています。飲料メーカーは「ノンカロリー」「カテキン効果」などを宣伝文句に販売し、欧米やアジア諸国でも緑茶ブームが起きています。


アソート

Assort